無題 1

学習指導要領

書写・書道は、その行う内容について、文部科学省の定める学習指導要領によって明記されています。以下に抜粋していきます。なお、ここに書かれているものは新しい学習指導要領linkです。

小学校学習指導要領
 2008年3月28日公示。
 2009年4月に一部先行実施。
 2011年度完全実施。

中学校学習指導要領
 2008年3月28日公示。
 2009年4月に一部先行実施。
 2012年度完全実施。

高等学校学習指導要領
 2009年3月9日公示。
 2012年4月に一部先行実施。
 2013年度、第一学年より学年進行に合わせて実施。

1、小学校学習指導要領

第2章 各教科 第1節 国語

第2 各学年の目標及び内容
〔第1学年及び第2学年〕
〔伝統的な言語文化と国語の特質に関する事項〕

(2) 書写に関する次の事項について指導する。
  ア 姿勢や筆記具の持ち方を正しくし,文字の形に注意しながら,丁寧に書くこと。
  イ 点画の長短や方向,接し方や交わり方などに注意して,筆順に従って文字を正しく書くこと。

〔第3学年及び第4学年〕
〔伝統的な言語文化と国語の特質に関する事項〕
(2) 書写に関する次の事項について指導する。

  ア 文字の組立て方を理解し,形を整えて書くこと。
  イ 漢字や仮名の大きさ,配列に注意して書くこと。
  ウ 点画の種類を理解するとともに,毛筆を使用して筆圧などに注意して書くこと。

〔第5学年及び第6学年〕
〔伝統的な言語文化と国語の特質に関する事項〕
(2) 書写に関する次の事項について指導する。

  ア 用紙全体との関係に注意し,文字の大きさや配列などを決めるとともに,書く速さを意識して書くこと。
  イ 目的に応じて使用する筆記具を選び,その特徴を生かして書くこと。
  ウ 毛筆を使用して,穂先の動きと点画のつながりを意識して書くこと。


第3 指導計画の作成と内容の取扱い
2.第2の各学年の内容の〔伝統的な言語文化と国語の特質に関する事項〕については,次のとおり取り扱うものとする。
(2) 硬筆を使用する書写の指導は各学年で行い,毛筆を使用する書写の指導は第3学年以上の各学年で行うこと。また,毛筆を使用する書写の指導は硬筆による書写の能力の基礎を養うよう指導し,文字を正しく整えて書くことができるようにするとともに,各学年年間30単位時間程度を配当すること。

文部科学省「新学習指導要領」小学校-国語link

2、中学校学習指導要領

第2章 各教科 第1節 国語

第2 各学年の目標及び内容
〔第1学年〕
〔伝統的な言語文化と国語の特質に関する事項〕
(2) 書写に関する次の事項について指導する。

  ア 字形を整え,文字の大きさ,配列などについて理解して,楷(かい)書で書くこと。
  イ 漢字の行書の基礎的な書き方を理解して書くこと。

〔第2学年〕
〔伝統的な言語文化と国語の特質に関する事項〕
(2) 書写に関する次の事項について指導する。

  ア 漢字の行書とそれに調和した仮名の書き方を理解して,読みやすく速く書くこと。
  イ 目的や必要に応じて,楷書又は行書を選んで書くこと。

〔第3学年〕
〔伝統的な言語文化と国語の特質に関する事項〕
(2) 書写に関する次の事項について指導する。

  ア 身の回りの多様な文字に関心をもち,効果的に文字を書くこと。

文部科学省「新学習指導要領」中学校-国語link

3-1、高等学校学習指導要領 書道Ⅰ

第10 書道Ⅰ
1 目標

書道の幅広い活動を通して,生涯にわたり書を愛好する心情を育てるとともに,感性を高め,
書写能力の向上を図り,表現と鑑賞の基礎的な能力を伸ばし,書の伝統と文化についての理解
を深める。

2 内容
A 表現

表現に関して,次の事項を指導する。
(1) 漢字仮名交じりの書
ア 用具・用材の特徴を理解し,適切に扱うこと。
イ 漢字と仮名の調和した線質の表し方を習得すること。
ウ 字形,文字の大きさと全体の構成を工夫すること。
エ 名筆を生かした表現を理解し,工夫すること。
オ 目的や用途に即した形式,意図に基づく表現を工夫すること。

(2) 漢字の書
ア 用具・用材の特徴を理解し,適切に扱うこと。
イ古典に基づく基本的な点画や線質の表し方を理解し,その用筆・運筆の技法を習得すること。
ウ字形の構成を理解し,全体の構成を工夫すること。
エ意図に基づく表現を構想し,工夫すること。

(3) 仮名の書
ア 用具・用材の特徴を理解し,適切に扱うこと。
イ古典に基づく基本的な線質の表し方を理解し,その用筆・運筆の技法を習得すること。
ウ 単体,連綿の技法を習得し,全体の構成を工夫すること。
エ 意図に基づく表現を構想し,工夫すること。

B 鑑賞
鑑賞に関して,次の事項を指導する。
ア日常生活における書への関心を高め,その効用を理解すること。
イ見ることを楽しみ,書の美しさと表現効果を味わい,感じ取ること。
ウ 日本及び中国等の文字と書の伝統と文化について理解すること。
エ漢字の書体の変遷,仮名の成立等を理解すること。

3 内容の取扱い
(1) 内容のA及びBの指導に当たっては,相互の関連を図るものとする。
(2) 内容のAの指導に当たっては,(1)の漢字は楷書及び行書,仮名は平仮名及び片仮名,(2)は楷書及び行書,(3)は平仮名,片仮名及び変体仮名を扱うものとし,(2)については,生徒の特性等を考慮し,草書,隷書及び篆書を加えることもできる。
(3) 内容のAの指導に当たっては,中学校国語科の書写との関連を十分に考慮し,日常生活における目的や用途に応じて,硬筆も取り上げるものとする。
(4) 内容のAの指導に当たっては,篆刻,刻字等を扱うよう配慮するものとする。また,(2)及び(3)については,臨書及び創作を通して指導するものとする。
(5) 内容のBの指導に当たっては,作品について互いに批評し合う活動などを取り入れるようにする。
(6) 書に関する知的財産権などについて配慮し,自己や他者の著作物等を尊重する態度の形成を図るようにする。

文部科学省「新学習指導要領」高等学校 p83 (PDF:695KB)link

3-2、高等学校学習指導要領 書道Ⅱ

第11 書道Ⅱ
1 目標

書道の創造的な諸活動を通して,生涯にわたり書を愛好する心情を育てるとともに,感性を高め,個性豊かな表現と鑑賞の能力を伸ばし,書の伝統と文化についての理解を深める。

2 内容
A 表現

表現に関して,次の事項を指導する。
(1) 漢字仮名交じりの書
ア 意図に即した表現と用具・用材の関係を工夫すること。
イ 名筆の鑑賞に基づき表現を工夫し,個性的に表現すること。
ウ 表現形式に応じて,全体の構成を工夫すること。
エ 感興や意図に応じた素材や表現を構想し,工夫すること。
(2) 漢字の書
ア 書体や書風に即した用筆・運筆を理解し,工夫すること。
イ 古典に基づく表現を工夫し,個性的に表現すること。
ウ 表現形式に応じて,全体の構成を工夫すること。
エ 感興や意図に応じた素材や表現を構想し,工夫すること。
(3) 仮名の書
ア書風に即した用筆・運筆を理解し,工夫すること。
イ 古典に基づく表現を工夫し,個性的に表現すること。
ウ 表現形式に応じて,全体の構成を工夫すること。
エ 感興や意図に応じた素材や表現を構想し,工夫すること。

B 鑑賞
鑑賞に関して,次の事項を指導する。
ア書の美の諸要素を把握し,その表現効果について理解し,感受を深めること。
イ書の美と時代,風土,筆者などとのかかわり,その表現方法や形式等について理解を深めること。
ウ日本及び中国等の書の歴史・文化と書の現代的意義について理解を深めること。

3 内容の取扱い
(1) 生徒の特性,地域や学校の実態を考慮し,内容のAの(2)又は(3)のうち一つ以上を選択して扱うことができる。
(2) 内容のAの指導に当たっては,(1)の漢字は楷書,行書及び草書,仮名は平仮名及び片仮名,(2)は楷書,行書,草書,隷書及び篆書,(3)は平仮名,片仮名及び変体仮名を扱うものとする。
(3) 内容のAの指導に当たっては,篆刻を扱うものとし,生徒の特性等を考慮し,刻字等を加えることもできる。また,(2)及び(3)については,臨書及び創作を通して指導するものとする。
(4) 内容の取扱いに当たっては,「書道Ⅰ」の3の(1),(5)及び(6)と同様に取り扱うものとする。

文部科学省「新学習指導要領」高等学校 p84 (PDF:695KB)link

3-3、高等学校学習指導要領 書道Ⅲ

第12 書道Ⅲ
1 目標

書道の創造的な諸活動を通して,生涯にわたり書を愛好する心情と書の伝統と文化を尊重する態度を育てるとともに,感性を磨き,個性豊かな書の能力を高める。

2 内容
A 表現

表現に関して,次の事項を指導する。
(1) 漢字仮名交じりの書
ア書の伝統を理解し,現代社会に即した効果的な表現を工夫すること。
イ主体的な構想に基づく個性的,創造的な表現を追求すること。
(2) 漢字の書
ア書の伝統を理解し,書体の特色を生かして表現すること。
イ 主体的な構想に基づく個性的,創造的な表現を追求すること。
(3) 仮名の書
ア書の伝統を理解し,古典の特色を生かして表現すること。
イ主体的な構想に基づく個性的,創造的な表現を追求すること。
B 鑑賞
鑑賞に関して,次の事項を指導する。
ア書の美の多様性を理解し,作品の様式美を鑑賞すること。
イ書論を講読し,書の理解と鑑賞の深化を図ること。
ウ日本及び中国等の書の伝統とその背景となる諸文化との関連について理解を深めること。

3 内容の取扱い
(1) 生徒の特性,地域や学校の実態を考慮し,内容のAの(1),(2),(3)又はBのうち一つ以上を選択して扱うことができる。
(2) 内容のAの(2)及び(3)については,目的に応じて臨書又は創作のいずれかを通して指導することができる。
(3) 内容の取扱いに当たっては,「書道Ⅰ」の3の(5)及び(6)と同様に取り扱うものとする。

第3款各科目にわたる指導計画の作成と内容の取扱い
1 指導計画の作成に当たっては,次の事項に配慮するものとする。
(1) Ⅱを付した科目はそれぞれに対応するⅠを付した科目を履修した後に,Ⅲを付した科目はそれぞれに対応するⅡを付した科目を履修した後に履修させることを原則とすること。
(2) 主体的な学習態度を育てるため,生徒の特性等を考慮し,適切な課題を設定して学習することができる機会を設けるよう留意すること。

2 内容の取扱いに当たっては,次の事項に配慮するものとする。
(1) 各科目の特質を踏まえ,学校の実態に応じて学校図書館を活用するとともに,コンピュータや情報通信ネットワークなどを指導に生かすこと。
(2) 各科目の特質を踏まえ,地域や学校の実態に応じて,文化施設,社会教育施設,地域の文化財等の活用を図ったり,地域の人材の協力を求めたりすること。

文部科学省「新学習指導要領」高等学校 p85 (PDF:695KB)link